ドラゴン・ストラテジーFXの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラゴン・ステトラジーFXの使い方

ドラゴン・ストラテジーFXはインフォトップで人気のサインツールです。

ランキングでも何年も上位にランクインしていて、サインツールの中では一番人気!

今回はドラゴン・ストラテジーFXの使い方についてです。

ドラゴン・ストラテジーFXは本当に勝てる?使い方は?

記事を書くにも、それなりの時間と労力を使うので、アクセスが集まる記事を書きたいと思っていますが、まぁ~全く集まりません。ドラゴン・ストラテジーFXは何年も前のツールなので、普通に「ドラゴン・ストラテジーFX」で書いてもどうせ集まらないので、ライバルの少ないタイトルを調べて書いてます。

最近知ったのですが、検索するときに「allintitle:」と打ち込んで検索するとライバルがどれくらいいるか?というのが分かるそうです。1個、1個、キーワードで調べるのですが、「ドラゴン・ストラテジーFX 使い方」というのがライバルが少なかったので、今回の記事のタイトルはドラゴン・ストラテジーFXの使い方になりました。

実際使ってもいないツールの使い方を紹介するので、「何言ってんだコイツ?」とか思うかもしれませんが、サインツールなどを購入するときは、自分なりに使い方が見えてることが大事

このツールは「自分のトレードルールでこんな感じで使えそう・・・」こういうのが見えてないと、そもそもサインツールを使いこなすのは難しいと思います。

サインツールの欠点

ドラゴン・ストラテジーFXに限ったことではありませんが、サインツールの欠点は出遅れ感です。裁量トレードと違い、レンジ内の動きから、「そろそろブレイクしそう・・・」という予想するものでもないと思います、

なので、どうしてもレンジブレイクで飛び出したあとにサインが出やすいのだと思います。出遅れるから使えないというものではありません。基本的なことが分かっていえれば、その後、どうやれば良いか?ということも分かってきます。

パラボリックを表示させてます。

パラボリック

今は売りのサインが出てます。

売りのサインが出た瞬間にエントリーする必要はありませんよね。

サインが出た後は落ち着いて、戻ってきたところを戻り売りで良いと思います。

売りサイン

どうせ、どこかで売るわけですから。わざわざ悪い位置で飛び乗る必要はありません。リスクリワードを考えて、自分が納得できるところでエントリーしましょう。

「戻ってこずに、そのまま落ちたらどうしよう・・・」こういうことを考えるから、結果的に、悪い位置でエントリーすることになります。落ちたら落ちたでしょうがない。ドラゴン・ストラテジーFXを使わなくたって、置いてかれることは山ほどあります。

自分がトレードできるところでトレードする

ドラゴン・ストラテジーFXはサインに従ってれば、トータルで勝てるそうです。もし、自分が躊躇してトレードしなかったことで、トータルでマイナスになるかも・・・

「ルール通りにエントリー、決済しなければ勝てない・・・」全てのエントリーチャンスでトレードすることが重要。全てのエントリーチャンスでトレードしなければ、過去検証が無意味になる

こういう考えでトレードを考えている人は多いと思います。だから、自動売買などを使うのだと思いますが、ハッキリ言って頭が固すぎ。

自分がトレード出来る時間なんて限られています。そこで、どうやって利益を出すか?ということの方が重要です。

波のサイズを考えてエントリー

○で買いサインが出てます。チャートが出来上がってしまえば、絶妙な位置でサインが出てますが、おそらく上にバコーンと上がったあとにサインが出たと思います。

ドラゴン・ステトラジーFXのサイン

バコーンと上に上がったときに飛び乗りでエントリーしても問題ないと思います。ただ、考えなければいけないのは、どのサイズの波でトレードしているのか?ということ。

チャートは5分足ですが、5分足の波でトレードしているなら、ここでの飛び乗りは良くない。もし、4時間足ぐらいの波でトレードしているなら飛び乗りでも全然OKだと思います。

利確はサインツールに任せる

初心者の方はエントリータイミングが難しく感じると思いますが、エントリータイミングは慣れれば簡単。さほど難しいものではありません。圧倒的に難しいのが利確のタイミング。

ドラゴン・ステトラジーFXの利確

利確のタイミングは、どう頑張っても正解は見つかりません。どのルールでも、良いときもあれば悪いときもあります。なので、利確はサインツールにお任せというのがおすすめです。

個人的には、レジサポで利確しますが、「我慢して持ち続ければ良かった・・・」と思うことは山ほどあります。5pipsで利確したら、その後100pips伸びたなんてことはザラにあります。

サインツールなんかはこういうときに大きく取れるので、やっぱり稼ぐときは大きく稼ぎたい!という方は、インジケーター、サインツールを使うのがおすすめです。

ドラゴン・ストラテジーFXの使い方のまとめ

ドラゴン・ストラテジーFXはサインツールなので、出遅れ感があります。出来上がったチャートでは絶妙の位置でサインが出てるように見えても、実際はかなり上の方でサインが出てたりします。

それを「卑怯だ!」「詐欺だ!」なんていってもしょうがない。順張りのサインツールなので、どうしても、ブレイクしたあとにサインが出るようになってますし、しっかりブレイクしたあとに出るサインだからこそ信頼出来るのですから。

それをどうやって使いこなすか?というのは、結局自分次第。自分なりに使い方が見えているなら使ってみるのも良いのではないでしょうか。

【祝8,000名突破キャンペーン中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

SNSでもご購読できます。

天底チャート MT4